ホーム − 関連団体

関連団体

社団法人 秩父宮会

秩父宮勢津子妃殿下・秩父宮雍仁親王殿下

明治35年6月25日、大正天皇と貞明皇后の第二皇子としてお生まれになられた淳宮雍仁(あつのみややすひと)親王殿下には、大正11年6月25日、ご成年に達せられた折り、大正天皇より秩父宮の宮号を賜り「秩父宮家」をご創立されました。皇居よりみて乾(西北)の方角にあたり、荒川の水源地域でもある秩父連山は武蔵国の名山であり、遠く日本武尊の伝承など、神話の時代より皇室とのゆかりも深く、これに因んでの宮号であると言われています。
大正11年11月26日には、秩父神社にご親拝されたほか、広く秩父地方をご視察されました。昭和3年秋には、駐英大使や初代参議院議長などの要職を歴任された松平恒雄氏のご長女、勢津子姫とご成婚、昭和8年夏には両殿下お揃いでおよそ一週間にわたり秩父地方に滞在されました。
昭和天皇のご名代として、多くのご公務にあたられる一方、スポーツを特に愛好され、アルプス登頂をはじめ関係のご事跡も数多く、「スポーツの宮様」として広く国民に親われましたが、昭和28年1月4日、50歳の若さで薨去されたことから、永くそのご遺徳を敬仰すべく、秩父郡市民の総意をもって昭和28年8月20日に社団法人秩父宮会を結成致しました。
その年の11月26日、秩父宮勢津子妃殿下には特別のご聴許をもって、親王殿下がご成年式の砌に大正天皇より拝領した御釼を秩父宮会に対してご下賜されたことから、本会ではこれを親王殿下の御霊代として、秩父地方の総社である秩父神社に奉斎し、毎年5月3日に慰霊祭を斎行すると共に、平成7年8月25日に薨去された勢津子妃殿下のご聖恩にも応えるべく、各種事業を行っています。

氏子青年会

本会は、秩父神社を中心に文化的なマチ造りを推進する志の下に、全国氏子青年協議会の精神に基づき、清く・明るく・美わしい社会の建設に務め、地域の繁栄と調和に寄与することを目的として平成2年に結成されました。
現在会員は600名を数え、全国氏青協の中でも会員数が多い会の一つです。当会の主な活動内容は、秩父神社の各祭礼の助勤、清掃奉仕、祭り関係の勉強会、会員親睦会、祭礼視察研修旅行等です。入会資格は、秩父市に在住若しくは秩父市内に主たる勤務先を有する青年男女の方で、年会費は1,000円です。
職場や地域を越えて秩父神社に終結し、意欲ある若者らしい自由な発想のもと、さまざまな意義ある楽しいサークル活動を行ってゆきます。どうぞ大勢のご参加を心よりお待ちしております。

●氏子青年会の活動風景

  • 祭典参列
    祭典参列
  • 全国大会参加
    全国大会参加
  • 勉強会
    勉強会
  • 柞の森フェスティバル
    柞の森フェスティバル

▲このページの先頭へ